商品を通してサロンの「売上アップ」をデザインする業界初コンサルティング型 美容メーカーMANIS COSMETICS

商品を通してサロンの「売上アップ」をデザインする業界初コンサルティング型 美容メーカーMANIS COSMETICS

03ebec1119afcf27ea4e6d5a1f6b3f3c_s

今や美容室の件数はコンビニの5万件よりはるかに多い、約23万件以上と言われていますが、毎年約 1万件が開業している傍らで約1万件が廃業しています。

 

30代半ばの美容師さんはこのままずっと同じ美容室で働いていても、保証も無いし、自分も、顧客もどんどん年をかさねるだけ…将来が不安だ…と悩みを持つ方も多いはず。

 

しかし安易な美容院の独立開業は自分の首をしめることになりかねません。今回は美容師が独立すると経営は失敗する【美容室が廃業する3つの理由】についてご紹介します。

その1、経営者自らの力で【集客】ができない

美容室をオープンする時に集客方法はクーポンサイト頼りになっていませんか?

 

某大手クーポンサイトは国内最大級の会員人数を誇ります。
しかも、今の時代はスマートフォンユーザーが多いのでWEBでの集客は避けて通れないものですが、クーポンサイト頼みの経営では自力で集客する事ことができなくなってしまうので、大手サイト方針次第で
集客できなくなっても1人立ち出来なくなってしまします。

その2、お客様1人の【客単価】が低い

集客をする際に特別クーポンを付けたり、割引サービスを行ったり一時的な値下げをして
集客をかければ多くのお客様が来店してくれます。

 

しかし、たくさんのお客さんを相手するのは疲れるのでサービスの質が下がってしまいがちです。初回限定で料金を割引してしまうと通常価格へ値上げするのが非常に難しくなります。
そうしてどんどん負のスパイラルに入ってしまいます。

その3、毎月の支払いが高すぎて【利益】が出せない

美容室を経営するにあたり絶対に毎月必要になってくる支払いとは、美容室の売上増加に伴って変動する【変動費】売上に関係なく支払う【固定費】の2つがあります。

 

変動費 = 光熱費・水道費・材料費・販売促進費などがあります。
固定費 = 家賃・人件費・減価償却費・リース料などがあります。美容室を開業するときに「駅近く」かつ1Fの「路面店」に固執しすぎてはいませんか?

 

もちろん立地が良いに越した事はありませんが、その分家賃などの金額は上がってしまう事を忘れてはいけません。商売は立地が命!とは言いますが、美容室の場合、今やWEBの時代。
スタートしてしまうとなかなか削れない家賃は厳しめに検討しても良さそうです。

 

美容室経営において家賃比率はだいたい10%以下が妥当だと言われています。
150万円なら15万円です。
家賃比率が10%を上回った時点で知らず知らずに、利益が圧迫されて行くのです。
10%以下の場所を探しましょう。

サンプル請求/お問い合わせ